研究室紹介
 現在日本を始め世界各国において省エネルギー効果の高いITS技術に関する研究が行われています.この中で,自動車の自律型自動運転システムは高いエネルギー効率を実現する手段の1つとして期待されています.また,自動運転技術の応用による省力化・交通事故の低減等も期待されています. そのような背景から本研究室では,自律型自動運転において主にセンシングの部分に重点をおいて研究を行なっています. 自律型自動運転においてセンシングは非常に重要な部分であり,特に車両と衝突の危険性のある歩行者,他車両,縁石などの障害物を確実に検出することが重要となります. そこで,ステレオカメラやレーザレンジファインダなどのセンサを組み合わせることにより,より高精度な検出を目指しています.